巡るめく邂逅(かいこう)

まだ見ぬきみを見つけに今日もバイクを駆ける
それはシルクロードだったり
甲州街道だったり
ルート66だったり

きみは忘れられたドライブインで待っているから
喉をいっぱい渇かして
気持ちのよい冷えたビールを飲み干したい
揺らめく頭できみへの玄関のチャイムを鳴らすまで

砂埃の酷い荒野の道を
ガソリン詰めたタンクを両脇にぶら下げて
西へ西へ
ただ西へ
魑魅魍魎(ちみもうりょう)が渦巻く砂漠のど真ん中
運命の回廊の読経を済まし
冷えた身体を温めてくれるのは
満天の星空
アルタイルとベガの対座

彼女の行方はやはり分からない
とても寒い北の放送が終了しているから
一足違いの行き違いは
おれの心を奮わせる

きみへの旅の途中
砂漠にはバザールがたつ
宴を盛り上げるのは
俺の歌
どこまでも響く俺の声

この世は夜だから
モンゴルの朝だって
ニューヨークの朝だって
東京の朝だって
おはようのチャイムを鳴らすように


inserted by FC2 system